極上のもてなしを受けられるカードがこれ!プレミアム系クレジットカード比較ベスト5!

ゴールドカードの上を行き、カードクラスでは最高峰とされるプレミアム系のカード。年会費は5万円前後が平均で、
庶民には手が届かないかも…。でも、庶民にはちょっと敷居が高いけど支払いの時にプレミアムカードで支払っている人がいると羨望のまなざしが集まるカードです。サービス内容は最上級。サービスの内容とその実情に迫ってみたいと思います!

ゴールドカードのさらに上の存在がプレミアムカードで、プラチナ・ブラックカードと呼ばれることが多いです。ダイナースクラブ・プレミアムカード、JCBザ・クラス、そしてクレカ最高峰のアメックス・センチュリオンなど、上級カードはだれにとっても雲の上の存在で、手を出せるはずがないといわれることも多く、上級カード保有者は雲上人などと呼ばれたりもします。

プレミアムカードが年会費が高いのは当然の話で、コストが気になる人は、プレミアムホルダーになる資格はない・・・と、よく言われます。そもそもプレミアムカードは自分で申し込むタイプのものは、以前はほとんど存在せず、クレジットカード(プロパーカード)運営会社から届くインビテーションカード(招待状)が無いと加入できませんでした。

とはいえ、近年はみずからの申請で持てるカードも増えてきたようです。ここでも、コスパや使い勝手の面から優れた
5枚をピックアップしました。

プレミアムカードの魅力は、24時間365日対応のコンシェルジュサービスが提供されているとことです。

ホテル予約や航空チケットの手配など、あらゆる面をサポートしてくれます。仮にプレミアムカードのカードホルダー(カード所有者)になったら、このようなコンシェルジュサービスは積極的に使っていきたいところですね。とにかく、上質なサービスが他のカードとの圧倒的な差です。機会があるなら、ホルダーにトライしてみてはいかがでしょうか?

【1位】 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費2万円とリーズナブルだが、
サービスはやはりプレミアムクラス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

最大の魅力は、プラチナカードであるにもかかわらず2万円+税という年会費の安さです。安さを前面に押し出した商品設計である一方で、専任スタッフが会員をサポートする「プラチナ・コンシェルジュサービス」をはじめ、空港ラウンジ、ホテルやレストランの優待、手厚い保険など、プレミアムカードの条件はしっかりと満たしている上級カードです。

特徴1:ポイント優遇サーピスを幅広く提供。多岐に渡るサービス

入会初年度はお買物ポイントが1.5倍になります。
海外ポイントが2倍に、指定記念月が2倍に、利用金額に応じて翌1年間のショッピング獲得ポイントを低遇する「グローバルPlus」、長期・継続利用で年1回のボーナスポイント付与など、数多くのポイント優遇サービスを実施。あっという間にポイントが貯まります。

特徴2:補償・保険サービスや独自の特典もついてくる

万が一の事態に備えた保険が得点としてついているのもこのクレジットカードの特徴です。ショッピング保険や犯罪被害傷害保険などが付帯しています。ショッピング保険は年間限度300万円までの補償、犯罪被害傷害保険は最高1000万円までの補償です。他のクレジットカードと比較しても保険サービスの充実度は一段上といえます。

保険以外にも銀行手数料の優遇サービスもついてきます。三菱東京UFJ銀行を支払口座に指定した場合、「スーパー普通預金口座」での同行ATM時間外手数料が優遇され、適用期間中は無料となります。海外旅行時に必要な外貨を準備する際にも役に立つサービスがあり、外貨キャッシュの購入レートを優遇してもらえるなど、資産管理面もサポートしてもらえるクレカです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのカードデータ

発行元 三菱UFJニコス
年会費 2万円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 グローバルポイント
通常のポイント付与率 海外での買い物の場合、1,000円につき2ポイント。国内の場合1,000円につき1ポイント。
ポイント有効期限 獲得月から2年間
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1億円(利用)

国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動、利用)

ショッピング保険、犯罪被害者保険

お申込みはこちら

【2位】 楽天ブラックカード





ネットでもトラベルでも強い!ブラックカードの中でもコストパフォーマンスが抜群にいいクレジットカード

楽天ブラックカードの特徴

楽天カードの最上位に位置するクレジットカードです。カード保有には楽天カードからの招待状を持っている必要があり、まさしく選ばれた者だけが持つことを許されたカードとなっております。誰もが持てるわけではないところが魅力の一つですが、加えてコスパの高さが素晴らしい。年会費は3万円+税に抑えられているにもかかわらず、サービス内容はプレミアム系の名にまったく恥じることのないクオリティを維持しています。楽天ブラックカードを利用することで、アメックス系カードでおなじみの世界中の主要空港のラウンジを利用できるサービス「プライオリティ・パス」にも無料登録することができます。プライオリティ・パスに無料登録することで、同伴者2名まで世界中のラウンジ700カ所以上を無料で利用することができます。

特徴1:優待ポイントでさらに貯まりやすい

楽天ブラックカードによる特別指定キャンペーンでカード利用を行うことでポイントがさらに1%加算されます。
毎週火曜日・木曜日は楽天市場の買い物でも1%加算されます。
楽天トラベルでオンライン決済をしても1%加算されるなど、楽天スーパーポイントが、より貯まりやすい数々の特典が用
意されています。ポイントをためるという点を見ても、一般カードに比べて圧倒的に有利な条件でポイントをためることができます。

特徴2:会員専用の国内宿泊予約センターを利用可能

楽天ブラックカード会員のための用意された会員専用デスクで、会員であるあなたのニーズに合わせた宿泊施設の提案と予約が可能です。特別優遇サービスも用意されています。
世界30拠点以上にトラベルデスクが設置されていますので、各種予約や手配を代行してもらえます。手荷物宅配サービスも完備。他のプレミアムカードとは異なり、専任のコンシェルジュサービスはいないのですが、実際にプレミアムカード利用者に聞いてみるとコンシェルジェサービスを使いこなしている人というのはあまり聞きませんので、気にしなくてもよいのかもしれません。全体的にみて高いサービス水準となっています。

楽天ブラックカードのカードデータ

発行元 楽天カード
年会費 3万円+税
国際ブランド MasterCard
ポイントの種類 楽天スーパーポイント
通常のポイント付与率 1000円につき1ポイント
ポイント有効期限 最終利用日から1年後の毎月末
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1億円万円(自動)

国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動)


お申込みはこちら

【3位】 スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス·カード

シェラトンホテルなどのスターウッド系列のホテルなら、部屋のアップグレードが受けられる!

スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス·カードの特徴

スターウッドグループは世界に9つのホテル・ブランドを展開しています。ホテルブランド名はシェラトン、ウェスティン、ルメリディアン、Wホテル、ラグジュアリーコレクション、セントレジス、フォーポイント、アロフト、エレメントの9つ。

スターウッドプリファードゲスト(SPG)とは、スターウッドグループによる会員制プログラムです。SPGアメックスを持つことで、SPGの上級ステイタスである、ゴールド会員資格が自動的についてくるのです。

特徴:SPGホテルグループの系列ホテルの利用に圧倒的にメリット大

SPGゴールド会員になるとメリット盛沢山。たとえば「レイト・チェックアウト」(通常のチェックアウト時間よりも遅くまで滞在できる)や、空室状況により部屋のアップグレードなどもしてもらえます。

通常であれば年間10回以上の滞在又は年間25泊以上の宿泊をしないとなることができないSPGゴールド会員。会員になることによって、チェックアウト時間がウェスティン東京ですと最長16時まで延長でき、チェックイン時の空室状況により宿泊する部屋のアップグレードをしてもらうことができ、チェックイン時にウェルカム・ギフトのプレゼントも。

カードを利用することで宿泊ポイントやスターウッドグループのお買い物ポイントである「スターポイント」も貯まりますので、宿泊費用に充てたり、マイルなどに交換することも可能です。

空港ラウンジ、エアポート送迎、無料ポーターなど、トラベルサポートも手厚く、旅行が多いなら圧倒的な利便性をもたらしてくれることでしょう。

スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス·カードのカードデータ

発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 3万1,000円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 スターポイント
通常のポイント付与率 100円につき1ポイント
ポイント有効期限 カード利用すると1年間更新となるため実質無期限
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1億円(利用)

国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用)

お申込みはこちら

【4位】 三往住友プラチナカード

バランスに優れたプレミアムカード

三往住友プラチナカードの特徴

24時間365日対応のコンシェルジュサービスがついています。
「プラチナズホテル」は、国内有名ホテル・旅館での優待とあわせ、部屋もしくは料理をアップグレー
ドするプレミアカード会員限定サービス。
さらに、6ヵ月間のカード利用が50万円以上だと、その0.5%相当額の三井住友VISAギフトカードを年2回プレゼントしてもらえます。ギフトカードなので、金券がもらえるということになります。

特徴:レジャーやグルメなどでも得点が盛り沢山!

レジャーでも他にはないサービスがいろいろそろっています。「プラチナグルメクーポン」では国内一流レストランで2名以上のコースを利用時に会員1名分が無料になります。アメックスのプラチナデスクでもおなじみのサービス。そのほかにも宝塚歌劇団の公演チケットを優先販売したり、USJの人気アトラクションの待ち時間を短縮できる「ユニバーサル・エクスプレス・パス」を、1人につき1日1枚もらえたりします。

三往住友プラチナカードのカードデータ

発行元 三井住友カード
年会費 5万円+税
国際ブランド VISA/MasterCard
ポイントの種類 ワールドプレゼントポイント
通常のポイント付与率 1,000円につき1ポイント
ポイント有効期限 獲得月から4年間
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動)

国内旅行傷害保険:最高1億円(自動)

お申込みはこちら

【5位】 ANA VISAプラチナ・プレミアムカード

ANAのトップカードだけに段違いのスピードでANAマイルが貯まる!

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードの特徴

お買い物ポイントとしてカード利用1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントポイントをもらうことができます。このワールドプレゼントポイントは1ポイントにつき15ANAマイルというすごい変換率でANAマイルへの移行が可能なんです。1ポイントにつき1マイルではないですよ。15マイルです。十五マイル。信じられません!クレカのANAマイルや航空マイル交換レートでの中でも空前絶後の最高レベルではないでしょうか。

しかもマイル移行時には通常であれば以降手数料が発生しますがこのカードの場合には移行手数料は無料!

さらに、カード入会・継続時には1万マイルのボーナスがもらえますし、
ANAグループ便搭乗の度に、「通常フライトマイル」に加え、ボーナスマイルとして「区間基本マイレージ
×クラス・運賃倍率(1.25倍~1.95倍)」が加算されてしまう、すごい特典がついているんです。

特徴:超セレブ気分に浸ることができる空港ラウンジサービス付!

ANA VISAプラチナ・プレミアムカード保有者は国内空港の「ANAラウンジ」が無料利用でき、さらには世界各国の空港ラウンジが利用可能になる「プライオリティ・パス」の無料登録も提供されています。

コンシェルジュサービスは当然ながら用意されていますので、チケットや旅行の手配も心配いりませんしお忙しい方でも電話一本で手配可能。国内外の旅行商品も優待サービスが受けられますので、エアライン、レジャー、旅行、グルメなど、あらゆる面でサポートを受けられる、贅沢なカードです。

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードのカードデータ

発行元 三井住友カード
年会費 8万円+税
国際ブランド VISA
ポイントの種類 ワールドプレゼントポイント
通常のポイント付与率 1,000円につき1ポイント
ポイント有効期限 獲得月から4年間
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動)

国内旅行傷害保険:最高1億円(自動)

お申込みはこちら

プレミアム系クレジットカード

ゴールドカードの上を行くスーパーステータスカード!プラチナカード、ブラックカードなどのプレミアムカードのご紹介とメリット比較

プレミアム系クレジットカードの記事一覧