マイルを貯めたいなら航空マイル系クレジットカード比較 ベスト5!

クレジットカード所有者の間で根強い人気がある、航空マイルがもらえるクレジットカード。このページでは、「青い航空会社」全日空(ANA)と「赤い航空会社」日本航空(JAL)という国内2大勢力から各2枚、さらに外資系を含めてオールラウンドで使える1枚をご紹介します。

複数ポイントで賢くマイルを手に入れよう!

クレジットカード所有者の間で根強い人気のあるのが航空マイルをもらえるクレジットカードです。賢くマイルを手に入れるには普段よく搭乗する航空会社のマイルに直結するクレジットカードを選ぶことが重要です。

国内系のクレジットカードの特徴は、クレジットカードを使用することで複数の買い物ポイントが貯まっていき、たまったポイントを航空マイルに返還することができるという点です。

「JALカードTop&ClubQ」であれば、JALマイルとJALマイルに移行できるTOKYUポイントをためることができます。また、ソラチカカードはOkiDokiポイントと地下鉄のメトロポイントを貯めることができます。

これらのカードは一般的な航空提携カードよりもさらにマイルがたまりやすい仕組みになっています。

ここで挙げた以外にも、手数料無料でマイルに移行できる「漢方スタイルクラブカード」や「Yahoo!JAPAN-JCBカード」も魅力的かとおもいます。

保有コストやカード自体の全体的な使い勝手から、あなたに適したクレジットカードを絞り込みましょう。

【1位】 JALカードTOP&ClubQ

電子マネーとの連携でJALマイルが超効率的に貯まるクレジットカード!

JALカードTOP&ClubQの特徴

JALマイルとTOKYUポイントが両方貯まるクレジットカードです。

マイルの付与率は通常、200円につき1マイルですが、JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3000円+税)に入会すると、なんと100円につき1マイル、つまり獲得マイルが2倍になります。
さらに、東急百貨店などTOKYUポイント加盟店で使うとマイルとTOKYUポイントが同時に貯まる仕組みです。

ポイント有効期限が長い点も特徴です。通常この種のカードのポイント有効期限は発行月から1年というタイプが大部分ですが、このカードは獲得月から何と3年間有効なのです。

特徴1:電子マネーチャージでマイルが貯まる

記名済のパスモ(PASMO)にオートチャージ、もしくは「JMB WAONカード」または「モバイルJMBWAON」と組合せ、セットで登録してクレジットチャージを行うと、100 円から200 円につき1 マイルが貯まります。

さらにWAONで支払うと200円につき1マイルが付与されるので、チャージと支払いで2回マイルが貯まる
という仕組みです。

特徴2:TOKYUポイント加盟店でさらにお得

全国のTOKYUポイント加盟店、東急百貨店や東急ストア、東急ハンズなどでカードを利用すると、JALマイルに加えて、TOKYUポイントが付与されます。貯まったポイントは、2000ポイントごとに1000マイルに移行できます。

なお、マイルをTOKYUポイントに移行することも可能です。マイルをTOKYUポイントに移行する場合の移行レートは1万マイルにつき1万TOKYUポイントとなります。

JALカードTOP&ClubQのカードデータ

発行元 JALカード
年会費 2000円+税(初年度無料)
国際ブランド VISA/MasterCard
ポイントの種類 JALマイル/TOKYUポイント
通常のポイント付与率 200円につき1マイル / 100円につき1マイル
ポイント有効期限 獲得月から3年後の月末
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1000万円(自動)

国内旅行傷害保険:最高1000万円(自動)

お申込みはこちら

【2位】 ANA To Me Card PASMO JCBカード(ソラチカード)

エアライン&ショッピング&東京メトロの利用でANAマイルが貯まるクレジットカード!

ANA To Me Card PASMO JCBカード(ソラチカード)の特徴

フライトマイルがたまる!ANAグループ便やスターアライアンス加盟航空会社便の搭乗でフライトマイルがたまります。
Oki Dokiポイントがたまる!ショッピング利用1000円につきOki Dokiポイント1ポイントがたまります。
メトロポイントがたまる!メトロポイントPlusを登録したパスモ(PASMO)を使って東京メトロに乗車しますと、1乗車あたり平日5ポイント、土休日は15Pのメトロポイントが貯まります。

特徴1:Oki Dokiポイントはマイル・メトロに移行可能

Oki Dokiポイントはカード利用1000円ごとに1ポイントが貯まるポイントシステム。

1ポイントにつき5マイルもしくは10マイル(10マイルの場合は要移行手数料がかかります)、
もしくは1ぽいんとにつき5メトロポイントに交換が可能(200ポイント以上から可能)です。

また、マイルとメトロポイントは相互交換ができる仕組みになっておりまして、1万マイルを1万メトロポイントと交換でき、100メトロポイントを90マイルと交換できます。

特徴2:メトロポイントの獲得にも挑戦しよう!

メトロポイントがたまる!東京メトロでもお得感満載です。定期券購入の際や、「To Me CARD」提携先でカードを使うとメトロポイントが貯まリます。
「メトロポイントPlus」に申し込んだPASMO(パスモ)を利用して束京メトロに乗車しますと、1乗車あたり、1.15ポイント、メトロポイントPlus加盟店において電子マネーを利用しますと、100円~200円につき1メトロポイントを付与してもらえます。

ANA To Me Card PASMO JCBカード(ソラチカード)のカードデータ

発行元 JCB
年会費 2000円+税(初年度無料)
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Dokiポイント / メトロポイント
通常のポイント付与率 1000円につき1ポイント / 100~200円につき1ポイント
ポイント有効期限 獲得月から3年後の月末まで(Oki Dokiポイントの場合)
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1000万円(自動)

国内航空傷害保険:最高1000万円(自動)

お申込みはこちら

【3位】 JALカードSUICA(JALカードスイカ)

JMBカードとクレジットカードにさらにスイカ(Suica)が一体になったハイスペックカード

JALカードSUICA(JALカードスイカ)の特徴

JALグループの航空便に登場することでフライトマイルが付与されます。
ショッピングで100円~200円ごとに1マイル付与され、
Suicaへのクレジットチャージや、みどりの窓ロ・びゅうプラザなどJR東日本の利用でも1000円につき6ビュ
ーサンクスポイントが付与されます。ポイントは、JMBマイルに移行することができます。

特徴:2つのポイントを獲得できる

ショッピングマイルを2倍にするには、別途年3000円+税を支払う必要はありますが、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入るのが得策です。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入ることで、JR東日本を利用して貯まるビューサンクスポイントもお得に。
同プレミアムサービスに未加入ですとポイントをマイルに替える際のレートは600ポイントにつき500マイルですが、加入しますと600ポイントにつき1000マイルになります。

マイルに換えなくても、400ポイントにつき1000円分としてSuicaにチャージすることも可能です。

JALカードSUICA(JALカードスイカ)のカードデータ

発行元 JALカード
年会費 2000円+税(初年度無料)
国際ブランド JCB
ポイントの種類 JALマイル / ビューサンクスポイント
通常のポイント付与率 200円ごとに1マイル / 1000円ごとに2ポイント
ポイント有効期限 獲得月から3年後の月末(マイル)
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1000万円(自動)

国内旅行傷害保険:最高1000万円(自動)

お申込みはこちら

【4位】 ANAアメリカン・エキスプレス® カード

アメックスならではの特典が魅力!保有コストはかかってしまうが、アメックスホルダーのステータスが得られる

ANAアメリカン・エキスプレス® カードの特徴

アメックスのメンバーシップ・リワードのポイントが貯まります。カード利用100円につき1ポイント。

ANAマイルに移行するには「ポイント移行コース」(年6000円+税)がかかりますが、
移行コース登録中はポイントに有効期限はなしとなります。1年でポイントが消滅するクレジットカードが多い中、これは貴重ですね。また、1000ポイントにつき1000マイル分のANAマイルに交換することができます。

特徴:トラベルサポートの勇退が魅力的

ANAグループを利用するとポイント付与率が1.5倍に。
提携店での利用でも通常100円につき1マイルが自動加算という特典も付帯しています。
また、カードと搭乗券を提示することで、アメリカンエキスプレスが提供している、国内外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。

海外旅行から帰国の際、成田国際空港などの一部の空港では、手荷物1個を自宅まで無料で配送してくれるサービスもあります。

ANAアメリカン・エキスプレス® カードのカードデータ

発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 7000円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 メンバーシップ・リワード
通常のポイント付与率 100円につき1ポイント
ポイント有効期限 なし(ポイント移行コース登録時)
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高3000万円(利用)

国内旅行傷害保険:最高2000万円(利用)

お申込みはこちら

【5位】 アメリカン・エキスプレス® スカイ・トラベラー・カード

エアラインの旅を愛する人のためにできたかのようなクレジットカード。
ANA、JALを含む対象航空会社26社で航空チケットを購入すると、なんとポイントが3倍に!

アメリカン・エキスプレス® スカイ・トラベラー・カードの特徴

基本的なポイント付与はカード利用100円につき1ポイントで他のカードと一見変わらないように見えますが、飛行機の旅を愛するあなたのためにあるようなカードで、すごい特典が付いてきます。

ANAやJAL、デルタ航空など対象航空会社26社で航空券、または対象旅行代理店3社の指定旅行商品をこのクレジットカードで購入すると、ポイント付与率が3倍になるのです。

幅広くエアラインを使うなら、このクレカはお勧めです。

特徴:獲得したポイントを提携先13社の航空マイルに移行することができる!

貯まったポイントは1000ポイントにつき1000マイル単位で、ANAやデルタ航空、シンガポール航空など提携13社のマイルに移行ができます※。

他にも、国内外30カ所の空港ラウンジの無料利用ができたり、手荷物無料宅配サービス、海外旅行先での日本語サポートを受けられるなど、アメックスならではのトラベルサービスも付帯しています。

※ 各航空会社が運営しているマイレージ・プログラムヘ事前に登録しておく必要があります)。

アメリカン・エキスプレス® スカイ・トラベラー・カードのカードデータ

発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 1万円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 メンバーシップ・リワード
通常のポイント付与率 100円につき1ポイント
ポイント有効期限 最長3年(期間中にアイテムと交換すれば無期限)
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高3000万円(利用)

国内旅行傷害保険:最高2000万円(利用)

お申込みはこちら

マイルを貯めたいならマイル系クレジットカード

マイル系カードは旅という非日常を楽しみたい人には欠かせないカードジャンルではないでしょうか。ここではANAとJALという国内2大勢力から各2枚、オールラウンドに使える1枚を紹介しました。複数ポイントで賢くマイルを手に入れましょう!

マイルを貯めたいならマイル系クレジットカードの記事一覧