マイルがたまる!高級ホテル上級会員への早道!トラベル系アメックスカード比較5枚

アメリカン・エキスプレス・カードではマイル獲得や優雅な旅行にお得に行くことのできるクレジットカードを多数発行しています。今回はその中から日本にお住まいの方と、なぜかあまり知られていないけれど豪華旅行を割安で楽しめるカード、上級会員への入り口になるカードなどをピックアップしてご紹介いたします。

【1位】 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーズカード

クレジットカードの利用者向けサービス拡大競争の中、サービスを維持できなくなったクレジットカード会社が次から次へとサービス条件を低下させている中、サービスを改善させているのが「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーズカード」です。

アメックス・スカイトラベラーズカードは昔からありましたが、サービスが範囲が拡大しています。

これまでは「航空会社1社を選んで、その航空会社を利用した際のポイントが3倍になる」というものでした。
2016年から「航空会社28社、または旅行代理店3社の利用ならどれでもポイント3倍」と変更されたのです。
1社からいきなり31社(28社と3社)へとポイント付与範囲が拡大したのです。

たとえば、JTB(日本旅行)でホテルを手配した場合もアメックス・スカイトラベラーズカードを使って支払いをすることで還元率3%を手にすることができます。31社もカバーしているとなりますと、ほとんどの旅行や出張の行き先をカバーできているはずですよね。

このカード1枚でほとんど毎回、旅行代金が3%引きになってしまうという、出張や旅行が多い人にとって、よりメリットのある、ポイントの貯めやすいカードとなりました。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーズカードの特徴

特徴1:28社の航空券購入でポイント3倍、5倍

ANA(全日空)およびJAL(日本航空)を含む28社の航空券購入でポイントが3倍または5倍付与されるクレジットカードです。
特定の対象会社からの航空券購入でマイル3倍ボーナスがさらに大幅拡大、最大で5倍になります。

スカイ・トラベラーズカードの対象となる航空会社のうち主要なもの

ANA「ANAマイレージクラブ」/JAL/アシアナ航空/アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」/ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」/タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」/エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」/エティハド航空 「エティハド・ゲスト」/エバー航空/エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」/
オス卜リア航空/ガルーダ・インドネシア航空/カタール航空「プリビレッジクラブ」/カンタス航空/キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」/フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」/ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」/シンガポール航空 「クリスフライヤー」/チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」/デルタ航空 「スカイマイル」/スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」

スカイ・トラベラーズカードの対象となる旅行代理店(3社)

日本旅行/アップルワールド/トップツアー

特徴2:ポイント有効期限は無期限!15社のマイルプログラムに移行可能!サービスも充実

ポイントの有効期限は無期限ですので、いつでもお好きな時に1ポイント=1円として旅行代金のお支払いに充てることが可能です。また、提携航空パートナー15社(2015年6月現在)のマイレージプログラム※に移行させてマイルとして使用することも可能です。
つまり、ポイントで保有しておき、必要に応じてマイルに転換することで、マイルが無期限で貯められるようになっています。これもアメックスらしいサービスですね。

※ ANAへのマイレージプログラム移行には別途参加登録費が必要です。年間5千円+税、2年目以降自動更新。

国内外の空港ラウンジを同伴者1名までい無料で利用できる「空港ラウンジ」サービス、海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで会員1名につきスーツケース1個を無料配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」、空港パーキングサービス、旅行傷害保険、航空便遅延費用補償、旅サイト「エクスペディア」優待料金利用、海外旅行先からも日本語で対応してくれる「グローバル・ホットライン」、インターネット上での不正使用による損害を全額保証してもらえる「オンライン・プロテクション」、カードで購入した商品が破損しても補償してもらえる「ショッピング・プロテクション」、海外でカード盗難や紛失に遭遇した時のカード無料債発行など、とにかくサービスが充実したクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーズカードのカードデータ

発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 10,000円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 メンバーシップ・リワード
通常のポイント付与率 1%(上記旅行代金支払時:3%)
ポイント有効期限 無期限
付帯保険 国内旅行傷害保険:最高2千万円(利用)

海外旅行損害保険:最高3千万円(利用)

お申込みはこちら

【2位】 デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

マイレージ・プログラム上級会員の資格は航空会社の上得意客に与えられる特別な資格です。

上級会員になるといろいろいい思いができます。たとえば、エコノミークラスの利用なのに、ビジネスクラスのお客様用の空港ラウンジを利用できたり、空席待ちの際に優先的に案内されたり、座席のアップグレードを無償でしてくれたりと、至れり尽くせりの特典を享受できたりするのです。

上級会員とは、なんともうらやましい会員資格ですね。
通常、上級会員資格とは飛行機に頻繁に乗る人だけに与えられる仕組みになっています。

ところが、飛行機に一切乗らずに上級会員資格を手に入れる方法があるのです。
それは、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレスカード」に入会することです!

年会費2万6000円のゴールドカードを持つと、デルタ航空のマイレージ・プログラム「スカイマイル」の上級会員資格「ゴールドメダリオン(Gold Medallion)」が無条件でついてくるのです。

この上級会員資格「ゴールドメダリオン」さえ持っていれば、デルタが提携している他の航空会社との「ステータス・マッチ・キャンペーン」を利用することで、トルコ航空など他社の上級会員資格を得ることも可能になってしまうのです。

各航空会社のウェブサイトにある申請フォームに必要事項を記入して送ると、上級会員のカードが郵送で送られてきます。

ただし、国際線の利用がない人は機械的に申込拒絶となる可能性が高いようですのでご注意を。申請前には安い航空券や旅行会社のパッケージ・ツアーなどを使いある程度の搭乗実績を積んでおきましょう。

豆知識 【ゴールドメダリオンとは?】
メダリオンとは、マイルによって格付けされるデルタ航空のお客様ランキングシステムです。
ゴールドは5万マイル分の搭乗で得られる資格となっています。

特典内容は優先チェックインや優先搭乗、手荷物手数料免除、メダリオンボーナスマイル、スカイチームラウンジの無料利用などです。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
の特徴

特徴1:カード保有でいきなりデルタ航空「ゴールドメダリオン」獲得

このカードを保有するといきなりデルタ航空の上級会員資格「ゴールド・メダリオン」を獲得することができます。ゴールド・メダリオンに正規ルートで到達しようとすると搭乗マイルで年間5万マイルの実績が必要。1年目に3万マイル搭乗して2年目にあと2万マイル、とおもっても、1年ごとに0にリセットされてしまうので実際にゴールドメダリオンになろうとしてもなかなか大変。

このカードを持つだけで上級会員になるために必要な旅行費用5万マイル分と旅行に要する時間を節約できます。

特徴2:無期限でマイルが良く貯まる

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードはカード利用代金100円につきスカイマイル1マイルが貯まります。カードを使った分だけ直接マイルとして貯まっていきますので、マイルが貯まりやすい設計になっています。
さらに、100万円ごとに5,000マイル貰えるシステムとなっていますので実質 「100円につき1.5マイル」のペースでたまっていきます。

デルタ航空予約センターやデルタ航空WEBサイトで航空券を購入するとマイルが通常の3倍。入会時に8千マイル、毎年継続時に3千マイルのボーナスマイルが手に入ります。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
のカードデータ

発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 26,000円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 メンバーシップ・リワード
通常のポイント付与率 100円につき1マイル(100万円ごとに5千マイルのボーナスあり)
ポイント有効期限 マイル有効期限:無期限
付帯保険 海外旅行損害保険:最高1億円

国内旅行傷害保険:最高5千万円

お申込みはこちら

【3位】 SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)アメリカン・エキスプレス・カード

2013年に発行が開始された、歴史の長いアメックスの中では比較的新しめのカードです。

SPGとは、「スターウッド・プリファードゲスト」(Starwood Preferred Guest)の略で頭文字をとったもの。スターウッドグループとは世界中にある著名ホテルグループの名称で、以下の10のホテルブランドを運営しています。どれも高級ホテルブランドです。あなたも名前を聞いたことがあるホテル名があるのでは。

【スターウッドの10のホテルブランド名】

「マリオット」、「リッツ・カールトン」、「シェラトン」、「ウェスティン」、「セントレジス」、「ラグジュアリーコレクション」、「W」、「ル・メリディアン」、「トリビュートポートフォリオ」、「アロフト」、「エレメント」、「フォーポインツ・バイ・シェラトン」


もともとは「マリオット」「リッツ・カールトン」を除く10のホテルブランドでしたが、マリオットがSPGを買収し、さらにリッツ・カールトンを買収したことでSPGアメックスのサービス対象が12ブランド(SPG+マリオット+リッツ)になりました。

SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

特徴:ホテルの上級会員になりたいならこの1枚 

継続毎に高級ホテルで夢気分を昧わうことができるカードです。例えば、以下のメリットが提供されています。ホテルで休日を過ごすのが趣味な方や旅行・出張が多い方にはいいかもしれませんね。

メリット1:作ったその日からマリオットゴールド会員(普通になろうとすると結構大変)

通常、「ゴールド会員」資格を得るには年間10回以上の滞在又は25泊以上の宿泊が必要(SPG10ホテルの場合)。マリオットなら1年間に50泊、リッツ・カールトンも1年間に50泊が必要でした。ゴールド会員になるとこんなメリットがあります。総じてかなりコスパの良いカードだということがわかると思います。

【SPGゴールドの会員特典の例】

  • よりグレードの高いお部屋へのアップグレードを受けられる
  • 宿泊ポイント(スターポイント)の割増し獲得。基本会員(支払額1米ドル換算につき2スターポイント)より50%増しとなり、3スターポイントとなります。スターポイントはスターウッドグループでの支払いに使うことができます。
  • 無料レイトチェックアウト。チェックアウト時間の延長をしてもらうことができ、最長で16時まで延長できます(空室有の場合)。ホテルが気に入ってもう少しのんびりしたーい、なんていうときにうれしいですね。
  • チェックイン時に⑴泰司アごとにウェルカム・ギフトのプレゼント。ウェルカム・ギフトはボーナス・スターポイント、お部屋での無料インターネット、ドリンクサービスから選択できます。

また、SPGゴールドステータスを得ることで自動的にマリオットの「マリオット・ゴールドステータス」及びリッツの「リッツ・カールトンゴールドステータス」の会員資格も獲得できます。

現在、自動的にこの3つのラグジュアリーホテルのゴールド会員になることができるクレジットカードは、このSPGアメックスのみです。

【マリオット・ゴールドの会員特典の例】

  • 宿泊に対する追加ボーナスポイントの付与。ボーナスポイントが1.25倍に。
  • 無料の客室アップグレード。チェックイン時の空室状況次第ですが、スイートに上げてもらえる場合もあるのだそう。
  • 客室内無料ネット接続
  • 最大16時までのレイトチェックアウト
  • ラウンジ利用、2名分の朝食

【リッツカールトン・ゴールドの会員特典の例】

  • リッツ・カールトン・ポイントの割り増し付与。付与されるポイントが1.25倍に。
  • レイト・チェックアウト
  • 無料の客室アップグレード。チェックイン時の空室状況次第。スイートは除く
  • 無料王速インターネット接続
メリット2:翌年から無料宿泊券をプレゼント

毎年、カードを継続するたびに、世界各地のスターウッドグループ傘下のホテル及びリゾートホテルで利用できる、1泊1室2名まで利用可能な無料宿泊券のプレゼントがあります。祝日でも、大規模イベント開催中でも、空室がある限り利用できるという太っ腹な無料宿泊券です。

実はSPGにはゴールド会員の上のプラチナ会員があるのですが、カード継続ごとに2滞在分の滞在実績と5泊分の宿泊実績が初めからあったことにしてもらえますので、このカードを持っていない場合よりも早くプラチナ会員となることができます。

さらに、日本国内にあるSPG参加ホテルの直営レストラン及びバーの飲食代金が15%オフになります。

メリット3:JALマイルも貯められる希少なカード!

JALマイルをためるならJALカードを使うのが一番お得と思っているあなた。これをよく読んでください。
JALカードは100円につき1マイル還元してくれますよね。

SPGアメックスの場合、100円につき1マイル還元まではJALカードと同じですが、さらに!2万マイル貯まると移行する際にボーナスマイルを付与してくれて、25,000マイルになるのです。

JALカードの場合:100万円利用で1万JALマイル、200万円利用で2万JALマイル。
SPGカードの場合:100万円利用で1万JALマイル、200万円利用で2万5千JALマイル。
このように、同じJALマイルをためる目的ならSPGアメックスのほうが25%お得なのです。

メリット4:エアライン30社のマイルにも移行可能!できる希少なカード

さらに、SPGアメックスのスターポイントは利用方法がとても幅広く、JALマイルにもANAマイルにも移行ができます。他の航空会社にも30社のマイルプログラムに1ポイント:1マイルの1:1のレートで移行できるのです。他のカードだとなかなか移行が難しいシンガポール航空などでも移行可能です。

SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)アメリカン・エキスプレス・カードのカードデータ

発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 (本人)31,000円+税

(家族)15,500円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 スターポイント
通常のポイント付与率 100円につき3ポイント
ポイント有効期限 無期限
付帯保険 国内旅行傷害保険:最高5千万円(利用)

海外旅行損害保険:最高1億円(利用)5千万円(自動)

お申込みはこちら

【4位】 JALアメリカン・エキスプレス・カード

本家アメックスよりもはるかに安く使える提携アメックスカード。家族4人でラウンジが使える!

「JALアメックス」は、圏内主要空港のラウンジを無料利用できるクレジットカードでありながら、年会費の面では本家アメックスの半額で手に入る点が魅力のクレカです。

JALアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

さらに嬉しいのが、年会費2700円で追加できる家族会員も、本会員同様に同伴者1名を無料にできることです。
例えばご夫婦で2枚のカードを所有していれば、4人家族は全員無料でラウンジが利用できることになります。

従来のアメックス同様、海外旅行や海外ネットショッピングなどに対する補償制度(ショッピング・プロテクション)や旅行損害保険もついているお得なカードです。

特徴:主要空港ラウンジが使える

JALアメックスには、国内主要空港32ヵ所とハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で使える特典が付帯しています。アメックスのプロパーカードよりは利用できる数は少ないものの、年会費はアメックスのプロパーカードのおよそ半分(アメックスは1万2000円+税)。
同伴者1名まで無料で利用できるので、コスパに優れた1枚といえるでしょう。

「ハローデスク」という、海外アシスタント・サービスがついており旅先で困ったときでも安心。
「アメリカン・エキスプレス・セレクト」も付帯しており、国内外100以上の国や地域の8000以上のホテル・レストランを優待価格で楽しむことができます。

JALアメリカン・エキスプレス・カードのカードデータ

発行元 JALカード、三菱UFJニコス
年会費 6,480円
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 JALマイル
通常のポイント付与率 100円につき1マイル(ショッピングマイル・プレミアム入会時)
ポイント有効期限 付与月の翌月から36か月後の月末
付帯保険 海外旅行損害保険:最高3千万円(自動+利用)

国内旅行傷害保険:最高3千万円(自動+利用)

お申込みはこちら

【5位】 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

無期限でANAマイル貯めれるクレカ。さらにキャンペーン開催時のマイル付与率が高い!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

ゴールドカードの場合、ANAに搭乗すると、積算されるマイルが標準カードよりも25%アップします。

通常のショッピング利用では、100円=1ポイン卜のところ、ANA提携店の利用で100円=2ポイン卜に増額されます。

獲得したポイントはマイルに移行することができまして、1000ポイントにつき1000マイルで交換可能です。ポイン卜は無期限なので2年3年経過すると消滅するわけではなく、無駄なくマイルに移行することができます。

特徴:トラベルサポートの優待が魅力的

ポイントについてはANAグループの利用で1.5倍になり、提携店での利用で通常100円ごとに1マイルが自動加算という特典も付帯しています。

カードと搭乗券を提示すれば、アメックスが提供する国内外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能です。成田国際空港など一部空港では、海外旅行から帰国の際、自宅まで手荷物1個を無料で配送してくれるサービスも提供しています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのカードデータ

発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 31,000円+税
家族カード15,500円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 メンバーシップ・リワード
通常のポイント付与率 100円につき1ポイント
ポイント有効期限 なし(ポイント移行コース登録時)
付帯保険 海外旅行損害保険:最高3千万円(利用)

国内旅行傷害保険:最高2千万円(利用)

お申込みはこちら

マイルを貯めたいならマイル系クレジットカード

マイル系カードは旅という非日常を楽しみたい人には欠かせないカードジャンルではないでしょうか。ここではANAとJALという国内2大勢力から各2枚、オールラウンドに使える1枚を紹介しました。複数ポイントで賢くマイルを手に入れましょう!

マイルを貯めたいならマイル系クレジットカードの記事一覧