ポイント電子マネー系クレジットカード比較ベスト5!一体型カードでもチャージ型カードでも!お得にポイント獲得!

いまや、日常生活と切り離せない電子マネーですがクレジットカードとの相性も良く、電子マネー一体型、
またはクレジットチャージでポイントが付与されるカードがたくさん存在しています。ここでは、選りすぐりの5枚をピックアップしてみました!

「クレカ ⇒ 電子マネー」の連携でカードの価値が上昇するということ

電子マネーが使えるシーンは、年々増えています。コンビニは言うまでもなく、スーパー、家電量販店など、どんどん増えていますよね。みなさんも何かひとつは使っているのではないでしょうか。

クレジットカード各社も、この点には注目しており、両者を組み合わせることでお得感の高いサ—ビスを展開しています。ここでは、クレジットカードから電子マネーヘチャージすることでポイント付与、一体型のクレジットカードから際立つ5枚を取り上げました。

ライフカード、NTTグループカード、シティエリートカードは、主要電子マネーに対してチャージポイントが付与されるという、使い勝手に優れたカードだ。複数の電子マネーを使い分けているユーザーには便利なことこのうえありません。

こういったケースでお得なのは、「クレカ ⇒ 電子マネー ⇒ 電子マネー決済」という流れで使えば、カードポイントと電子マネ—のポイントが二重取りできる場合があるということです。サイフに小銭も貯まらず、ラクに会計できるのもメリットです。

【1位】 ライフカード

対応電子マネーが幅広く、複数の電子マネー利用者には頼もしい1枚になることまちがいなし!

ライフカードの特徴

モバイルSuica、SMARTICOCA(スマートイコカ)、楽天Edy、JCBブランドを選べばnanaco(ナナコ)のクレジットチ
ャージでもポイントが付与されるという、電子マネーと相性バッグンのカードです。ここで挙げたカードは年会費無料ですが、旅行傷害保険付きで年会費1250円+税のカードも用意されています。

特徴1:主要電子マネーへのチャージに対応

モバイルSuica、ICOCA、楽天Edy、nanaco (JCBのみ)と、主要電子マネーに対するクレジットチャージでポイントが付与されるのは、特筆す
べき点です。還元率が高いというわけではないが幅広く使えますので、複数の電子マネーユーザーなら、便利な
1枚になりえます。年会費無料というのもお得感があります。

特徴2:独自のポイントプログラムにも注目

ポイント付与は、初年度1.5倍、誕生月5倍(!)。年間利用金額so万円以上で次年度1.5倍、150万円以上なら2倍になり、年間so万円以上使うと、300ポイントも別途付与されます。

「L-Mall」を通じて買い物などをすると、最大25倍(!!)。1000ポイントにつき⇒5000円分のJCBギフトカードやアマゾンギフト券に交換することができる。

ライフカードのカードデータ

発行元 ライフカード
年会費 無料
国際ブランド VISA, MasterCard, JCB
ポイントの種類 Lifeサンクスポイント
通常のポイント付与率 1000円につき1ポイント
ポイント有効期限 基本2年間、最大5年間
付帯保険 なし

お申込みはこちら

【2位】 NTTグループカード

主要電子マネーヘの対応は万全、なおかつコスバにも優れたハイスペックなクレジットカード。楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAという、主要電子マネーにチャージが可能で、ポイントも付与。ライフカードと同様
に、複数の電子マネーユーザーにとって使い勝手は文句なし。しかも、年会費は無料(Web明細の場合)なので、コスパにも優れています。

NTTグループカードの特徴

特徴1:生活をサポートする付帯サービスに注目

全国の出光ssでのカード利用に応じて、翌々月のガソリン代金が最大40円/リットル割引、トラベル、レジャー等
の優待・特典といった独自サービスも提供しています。

楽天やYahoo!ショッピングなどが参加する会員専用の「倍増TOWN」を経由すればポイント付与が2倍~26倍になります。

特徴2:キャッシュバックまたは交換サービスを選ぶことが可能

毎月のショッピング利用合計額と対象の通信料金(ドコモ、NTT東日本など)に応じてキャッシュバックする「おまとめキャッシュバックコース」もしくは貯まったポイントを景品や他ポイントに移行する「ポイント・プレゼントコース」のどちらかを選ぶことができるので、ニーズに応じて使い分けましょう。

NTTグループカードのカードデータ

発行元 NTTファイナンス
年会費 無料(Web明細を選んだ場合), 1200円(紙明細の場合)
国際ブランド VISA, MasterCard
ポイントの種類 ポイント・プレゼントコース
通常のポイント付与率 1000円につき10ポイント
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
付帯保険 なし

お申込みはこちら

【3位】 iB(iD x QUICPay)カード

2種類のポストペイを搭載したクレカです。年会費も実質無料で使うことが可能です!

iB(iD x QUICPay)カードの特徴

iD x QUICPayという、2大ポストペイ型電子マネーを搭載したカード。これら電子マネーを利用しても、クレジットカードを
利用しても、オリコの「暮らスマイル」が1000円⇒1ポイントのレートで貯まるという仕組み。最高2000万円の海外旅行傷害保険も自動で付帯します。

特徴:ポイント付与率は最大2倍になることもあり

iDとQUICPay、コンビニでの普及率が高い、両方に対応しているカード。しかもポストペイなので、カードポイントに自動集約されるのも煩わしくない。カード利用年間利用額が50万円以上で翌年の加算倍率が1.5倍、100万円以上で1.7倍、200万円以上だと2倍にステージアップします。オリコモール経由の買い物で、オリコポイントも最大15%ついてきます。

iB(iD x QUICPay)カードのカードデータ

発行元 オリコカード
年会費 1250円+税(初年度無料、年1回の利用で次年度無料)
国際ブランド VISA, JCB
ポイントの種類 暮らスマイル
通常のポイント付与率 1000円につき1ポイント
ポイント有効期限 獲得月から2回目の会員誕生日
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2000万円(自動)
国内旅行傷害保険:最高1000万円(利用)

お申込みはこちら

【4位】 TOP&ClubQ JMBカード PASMOカード

PASMOユーザーにとっておきの1枚です。東急線との組み合わせでお得度が増していきます。

TOP&ClubQ JMBカード PASMOカードの特徴

東急カードが発行する”TOP&”カードと”PASMO”が一体になったクレジットカード。

カード自体にPASMOが搭載されていて、クレカからのオートチャージで、チャージ金額の最大1%分のTOKYUポイントが付与されます。東急&PASMOユーザーには、かなり便利なカードといえるでしょう。

特徴:Web明細サービス登録が必須

「ご利用代金Web明細サービス」に登録すれば、基本的なポイント還元率が1%(未登録0.5%)、PASMOへのオートチャージで1%、東急線駅構内の売店・自動販売機などでPASMOを利用すると、200円⇒1Pが付与されます。
大盤振る舞いなところは、定期券の購入のところ。定期券の購入にカードを使った場合は3%還元。貯まったポイントはPASMOにチャージできる、お得なカードです。

TOP&ClubQ JMBカード PASMOカードのカードデータ

発行元 東急カード
年会費 1000円+税(初年度無料)
国際ブランド VISA, MasterCard
ポイントの種類 TOKYUポイント
通常のポイント付与率 200円につき1ポイント
ポイント有効期限 最長3年
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1000万円(利用)
国内旅行傷害保険:最高1000万円(利用)

お申込みはこちら

【5位】 シティ エリートカード(2016年募集停止)

《おことわり》
シティグループ(シティカードジャパン株式会社)の日本撤退および三井トラストクラブ株式会社への事業譲渡により2016年に募集を停止しました。後継カードはSuMi TRUST CLUB エリートカードとなりますので、最新情報は三井住友トラストクラブのホームページをご参照ください。

記事自体は以下に残しておきます。

低年会費なのにゴールドクラスのサービス!主要電子マネーヘのチャージでポイント付与

SuMi TRUST CLUB エリートカード(旧シティ エリートカード)の特徴

楽天Edy、モバイルSuica、SMARTICOCAへのチャージでポイントが付与。しかも、年会費3000円+税とリーズナブルながら、全国主要空港ラウンジ及び海外2ヵ所の空港ラウンジが無料で使え、年間200万円までを補償するバイヤーズプロテクションも付帯しています。

特徴:電子マネー対応以外も優れた万能カード

主要電子マネーヘのクレジットチャージでポイントが付くばかリか、有効期限は無期限になっています。
年間のカード利用金額がso万円以上で、2500ポイントのボーナスポイントも猥得できます。貯まったポイントは「シティリワードプログラム」を通じて、トラベルやグルメ、楽天スーパーポイント等に交換ができます。付帯サービスも含め、ハイスペックな1枚です。

SuMi TRUST CLUB エリートカード(旧シティ エリートカード)のカードデータ

発行元 三井住友トラストクラブ
年会費 3000円+税
国際ブランド VISA
ポイントの種類 シティリワードポイント
通常のポイント付与率 100円につき2ポイント
ポイント有効期限 無期限
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高最高3000万円(利用)
国内旅行傷害保険:最高3000万円(利用)

ポイント電子マネー系クレカ・ベスト5!

電子マネー系クレジットカード比較。大きく分けて「クレカ・電子マネー一体型」と「クレカを使った電子マネーへのチャージでポイント獲得型」の2つがあります。

ポイント電子マネー系クレカ・ベスト5!の記事一覧